松丸亮吾の年収がすごい!会社名はリドラで事業内容は謎解き?

最近注目されている松丸社長こと松丸亮吾さん。

メンタリストDaiGoさんの弟で謎解きの会社まで設立しているそうです。

つかみどころが難しいイケメンですが、どんな仕事をしてどのくらいの収入があるのでしょうか。

目次

松丸亮吾の学歴や謎解きに目覚めたきっかけ

松丸家の四男の松丸亮吾さんの出身高校は麻布高校で、浪人後に東京大学の理科I類(偏差値68)に進学しています。現在も東大に在籍中です。

麻布高校は東京都の名門市立で、戦後以降は東京大学の入学者数で全国TOP10にランクインし続け、常に最難関大学への合格者を生み出しています。

松丸亮吾の幼少期のエピソード

松丸亮吾さんのお母さんは、知識を使わない謎解きやクイズをよく出してくれたといいます。

末っ子で兄たちに何も勝てず悔しい思いをしていた小学校4年生の時に、「脳内エステIQサプリ」で家族の誰よりも早く問題を解いたことがきっかけで謎解きに興味を持ちました。

大学時代のエピソード

ずっと謎解きへの情熱を持ち続け、東京大学へ進学後に謎解き制作集団「Anothher Vision」に入会します。

この団体は東京大学の学生を中心とするクリエーター集団で、体験型謎解きゲームや謎解き関連書、謎解き番組の制作を行なっています。

亮吾さんはこの集団の二代目の代表を務め「今夜はナゾトレ」などの番組出演をきっかけに「謎解きブーム」の仕掛け人として世に知れ渡りました。

また現在では、著書「東大松丸式数字ナゾトキ」を出版するなど、多方面でメディアに出演しマルチに活動しています。

松丸亮吾が設立した”謎解き会社”とは

謎解きを世の中に広めるべく、東大に在学しながら仲間と2019年3月5日にRIDDLER株式会社を設立しました。

主要取引先は、

  • 株式会社小学館
  • 株式会社タカラトミー
  • 株式会社ミクシィ
  • 株式会社電通
  • 株式会社アカツキライブエンターテイメント

など幅広く、今後の展開がとても楽しみな雰囲気です。会社運営も順調にいっているようです。

松丸亮吾の推定年収

会社を設立してからまだ日は浅いですが、松丸亮吾さんは謎解き関連の書籍を多数出版しています。

クイズ本「東大ナゾトレ」は最新巻が7巻まで出版されており、合計売上部数がなんと110万部突破しているそうです。

これまでの松丸亮吾さんの印税収入の合計は8,000万円にのぼると推定されます。

もちろん、これが全て収入ではありません。

現在いくつかのキャッシュポイントがあります。

  • 会社の役員報酬
  • 書籍の印税
  • テレビの出演料
  • 講演会などの出演料

メインの収入源は会社の役員報酬と書籍の印税だと思いますが、テレビ番組への出演もかなりこなしていらっしゃいます。

全ての収入を合計すると、今までに1億円以上は稼いでいるのではないでしょうか。

まとめ

幼少期の小さなきっかけから謎解きに目覚め、会社まで設立してしまう松丸亮吾さん。

今後も世の中に楽しいことをたくさん生み出しながら収入も右肩上がりでしょう。

今後の活躍が楽しみですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる