TikTokって稼げるの?稼ぎ方を調査!

短い動画に特化したSNSのTikTok。

若い子向けでちょっと気後れしますが、動画編集は全てアプリ内で完成できるので参入の敷居は低そうです。

バズるような面白い動画を作れたらマネタイズできるのでしょうか?可能性を秘めているSNS。一般人がマネタイズする方法を探ってみましょう。

目次

現在TikTok単体ではマネタイズできないけれど?

2020年7月から一部の動画投稿者のみ収益化が可能なようですが、どんな選考がされているのかは発表されていません。一般人にはハードルが高そうです。

しかし、TicTokアプリには広告収入を得るための仕組みは実装されているようです。今後Youtubeのように誰にでも広告収入の道が開ける可能性は十分にあります。今からアカウントを育てておくのが重要だと思います。

TikTokを知名度を上げるツールとして使う

現在、単体ではマネタイズできないTikTokですが、表示アルゴリズムの関係で、できたばかりのアカウントも比較的動画再生回数が稼げるようです。

TikTokを広告媒体と割り切って、自身のメディアに誘導する導線にしてみてはいかがでしょうか?

TikTok→Youtube

動画マネタイズで有名なYoutubeですが、チャンネル登録人数1000人以上や再生時間など、広告収入を得るためのハードルが年々高くなってきています。チャンネルを作ってみたことがある人ならわかると思いますが、知名度をあげてチャンネル登録者数を増やすのは簡単ではありません。

もしTikTokで面白い動画を作れるのなら、Youtubeの宣伝のためにTikTokを使ってみるのはいかがでしょうか。同じ動画媒体なので相性はまずまずといったところでしょう。

TikTok→Instagram

Instagramも単体ではマネタイズできないSNSです。ですが画像に特化しているということもあり、広告としてのビジュアルはとてもインパクトがあります。

フォロワーを増やして企業からインフルエンサー案件をもらうようにしてみるのはどうでしょうか。

インフルエンサーは告知協力や商品紹介などを行うことでPR料金を直接企業から受け取ることができます。最初のうちは商品の提供のみだったり、なかなかすぐには現金を稼げません。しかしフォロワーが増えれば増えるほどアカウントの評価は上がります。じっくりアカウントを育てて、大きな案件につなげていくのも一つの手です。

TikTokでは動画でご自身のひととなりを表現し、ファンづくりを意識してみましょう。

TicTok→ブログ

上記2つよりもより身近なのがブログです。動画が作れなくても、キラキラインフルエンサーになれなくても、自身の思いを文章にしてコンテンツ化して広告収入を得るのはどうでしょうか。

Instagramと同じく、面白い動画で自身のファンを増やし、ブログを継続的に読んでくれるファンを増やしていきましょう。

TikTokでマネタイズまとめ

一般人がTikTok単体でマネタイズは現在できません。しかし、TikTokアプリには広告収入を得るための機能は実装されています。

今後その機能が公開される可能性がとても高いので、もし動画に少しでも興味があるならぜひ今すぐアカウントを作ってみてください。どんなメディアも先行者利益は大きいものです。

そして、一つのメディアだけでなく複数メディアを並行して育ててマネタイズポイントを増やしていくのが今後のトレンドになっていくでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる